一般社団法人九州経済連合会

文字サイズ
標準
拡大
LANGUAGE
日本語
英語
中国語
韓国語
トップページの中のお知らせの中のお知らせ 詳細

お知らせ

令和2年度九州沖縄経済圏スマートフードチェーン事業化戦略会議のご案内
2020年9月24日

本会会員の農業・食品産業技術総合研究機構(以下、農研機構)は、プロジェクト発足会後、各研究課題について
共同研究機関等と研究の進展を図るとともに、九州沖縄経済圏の農業・食品産業界等のニーズを確認し、新たな
研究課題のテーマについて協議を重ねています。
これらの活動結果について、皆さまにご報告する場として、延期となっていた「事業化戦略会議」を下記のとお
り開催することとしましたので、お知らせいたします。



1.開催日時:令和 2 年10 月 6 日(火) 13:00~16:20

2.開催場所:みらいホール&カンファレンス(ホール)
  福岡県福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館4 階

3.開催方法:web配信
  ※配信するURLは、後日皆さまへお知らせいたします。

4.主 催:農研機構

5.後 援:一般社団法人九州経済連合会
      九州農業成長産業化連携協議会

6.内 容
(1)理事長挨拶 13:00~13:05
   農研機構理事長 久間 和生

(2)来賓挨拶 13:05~13:20
   一般社団法人九州経済連合会会長 麻生 泰(予定)
   農林水産省九州農政局(予定)
   経済産業省九州経済産業局(予定)

(3)講演①13:20~13:50
   プロジェクト成果の事業化と輸出拡大に向けた農研機構の取組み
   農研機構総括調整役 兼 事業開発室長 田中 健一

(4)各課題研究成果の説明 13:50~14:40

  ①和牛肉の輸出に向けた海外消費者へのアピール戦略 13:50~14:00
   畜産研究部門長 髙橋 清也

  ②ミニマムヒーティングによる水産加工品等の長期保存技術 14:00~14:10
   食品研究部門長 亀山 眞由美

  ③輸送中のかんしょ腐敗問題の対応 14:10~14:20
   九州沖縄農業研究センター所長 井手 任

  ④イチゴの輸出促進に向けた課題解決と産地形成 14:20~14:30
   九州沖縄農業研究センター所長 井手 任

  ⑤施設園芸トマト収穫予測技術 14:30~14:40
   野菜花き研究部門長 岡田 邦彦

(5)講演② 14:40~15:00
   九州からの農畜産物の輸出拡大戦略について
   農研機構NARO開発戦略センター総括調整役 原田 久富美

(6)質疑応答 15:00~15:20

(7)閉会挨拶 15:20~15:25
   農研機構理事 折戸 文夫

~~ 休憩(15 分) ~~

(8)個別協議のための各研究課題成果の説明・質疑 15:40~16:20
   Zoomによる個別配信(希望者のみ)
   ①イチゴの輸出促進に向けた課題解決と産地拡大
   ②米粉用米の産地拡大と米粉適性の解明(生産)
   ③米粉用米の産地拡大と米粉適性の解明(適性)
   ④β-グルカンリッチなもち性大麦品種群の産地拡大と用途開発
   ⑤輸送中のかんしょ腐敗問題の対応
   ⑥ミニマムヒーティングを活用した水産加工品等の長期保存技の開発
   ⑦リーファーコンテナ青果混載技術の開発
   ⑧施設園芸トマト収穫予測技術の開発
   ⑨和牛肉の販売戦略立案と品質アピールコンテンツ確立

[参加申込]
  参加を希望される方は、別紙「申込書」に参加者氏名、メールアドレス、参加希望するプロジェクト
説明会をご記入のうえ、令和2 年9 月29 日(火)17時00分までに事務局までご提出ください。

※内容が変更になることもございますので、ご了承願います。
※新型コロナウイルスの感染状況によっては、本会議を再延期する場合もございますので、予
めご了承願います。
 
<事務局(連絡先)>
 農研機構本部事業開発室 石田・圷 Tel.029-838-6962・8462 Fax.029-838—6536
                  e-mail:q_smart_entry@ml.affrc.go.jp

一覧