トップページの中の 月報「あすの九州・山口」の中の地域動向情報平成30年度(佐賀)

地域動向情報

重粒子線がん治療の保険適用と佐賀県のがん対策事業
2018年05月号

重粒子線がん治療の対象拡大と
佐賀県のがん対策事業
 今や日本人の2人に1人がかかるといわれるがん。しかし、全がんの5年生存率は約6割、早期のがんであれば約9割となっており、もはや「不治の病」とは言えなくなってきた。
 がん治療自体、近年は様々な選択肢が増えてきている。2013年5月に産官学共同のプロジェクトとして、九州初の重粒子線がん治療施設『九州国際重粒子線がん治療センター』(サガハイマット)が佐賀県鳥栖市に誕生。平成28年度の治療患者数は651人で国内の粒子線がん治療施設の中で最多となった。
 2018年4月1日からは、前立腺がんや頭頸部腫瘍の一部にも公的医療保険の適用が拡大。今までは先進医療の治療費として314万円が自己負担となっていたが、高額療養費制度を利用すれば、約10万円前後で重粒子線治療が受診できるようになった。副作用が少なく通院治療が可能という特長があるため、働きながら・子育てしながらのがん治療として、今後ますますサガハイマットの担う役割は大きくなるだろう。
 佐賀県は長年肝がんの粗死亡率が全国1位ということもあり、協会けんぽと連携し、職域の肝炎ウイルス検査費を無料化する事業のほか、胃がん対策として県内の中学校に在籍する中学3年生にピロリ菌の検査・治療を行う事業も実施している。また、子宮がん検診の広域化など、女性が「がん検診」を受診しやすい環境づくりにも力を入れている。
 県をあげて、がん予防および罹患者(りかんしゃ)を社会全体で支え、安心して暮らしていける体制を整えていく。

<問い合わせ先>
佐賀県健康増進課
電話:0952-25-7074
FAX:0952-25-7268

男性の育児休業取得促進事業
2018年06月号

佐賀県では「子育てし大県“さが”プロジェクト」として、結婚・出産・子育てまでのライフステージを通した切れ目のない支援に力を入れている。事業の一つとして、男性が育児休業を取得しやすい環境を整えるため「子育てパパの応援企業奨励金」を設けている。
 この事業では、県内の事業所に常時雇用されている男性労働者が連続3日以上の育児休業を取得した場合、事業主に対して奨励金が支給される。奨励金の金額は、育児休業期間が3日以上で10万円、3ヶ月以上で25万円の支給となっている。
 事業は今年度で6年目を迎え、申請件数は初年度から増加傾向で制度を利用した企業からは「育児休業を取得するよう、声かけがしやすくなった」等の好意的な意見が寄せられている。県内の男性労働者の育児休業取得率も平成28年度は5.9%と前年度の1.2%から大幅アップ。少しずつではあるが、企業や労働者の意識も良い方向へ変わってきていると考えられる。
 奨励金を利用するには、佐賀県内に事業所を有することに加え、「さが子育て応援宣言事業所」及び「女性の大活躍推進佐賀県会議の会員」となることが必要。詳しい申請手続き等はHPに掲載しているので、ぜひご確認いただきたい。
 県では、男性の育児参画を促進する気運を高め、女性が活躍できる社会づくりにつなげていくとともに、子育て世代が「佐賀で子育てしたい」と思える環境づくりに力を入れていく。
<問い合わせ先>
佐賀県 男女参画・女性の活躍推進課
電話:0952-25-7062
佐賀県 子育て パパ 検索


2018年07月号


2018年08月号

ページの先頭へ