一般社団法人九州経済連合会

文字サイズ
標準
拡大
LANGUAGE
日本語
英語

入会案内

トップページの中の九経連の活動の中の委員会活動の中のその他の活動の中の活動実績の中の活動実績 詳細

委員会活動

  • 概要・お知らせ
  • 開催案内・活動報告

その他の活動 - 活動実績

「九州DX推進コンソーシアム」の設立について ~ 地域におけるデジタル人材育成と産業創出を推進 ~
2021年11月30日

一般社団法人 九州経済連合会(福岡県福岡市、会長:倉富純男)、国立大学法人 九州大学(福岡県福岡市、総長:石橋達朗)、福岡県(知事:服部誠太郎)、デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田高士)は、福岡県をはじめとする九州における社会経済活動全般のデジタルトランスフォーメーション(以下「DX」という。)を産学官金によって推進することを目指し、「九州DX推進コンソーシアム」を設立いたしました。

本コンソーシアムは、産学官金の関係者が一体となって、地域におけるデジタル人材の育成や、デジタル技術の活用による地域課題の解決と新たな産業の創造を推進し、持続可能な地域社会と経済発展を実現することを目的とします。

なお、先ず人材育成、産業創造ともに福岡県内をフィールドとして成功事例を多く創出すべく推進し、九州全域へ拡大することを目指します。

今後、地方自治体、九州域内の企業や大学等に参加を呼びかけていきます。

 

<設立の背景>

新型コロナウイルス感染症の流行により、我が国ではデジタル化の遅れという課題が顕在化しました。こうした中、政府は、2021年6月18日に閣議決定した「成長戦略フォローアップ」、「まち・ひと・しごと創生基本方針2021」及び「経済財政運営と改革の基本方針2021」において、DXの推進を支える人材を育成するためデジタル人材育成プラットフォームを整備するとともに、産学官金が協働する地域包括DX推進拠点を全国でネットワーク化し、DX成功例の創出や人材育成に資するDXプロジェクトを実施することとしています。さらに、地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こし、地方と都市の差を縮めていくことで、世界とつながる「デジタル田園都市国家構想」の実現に動き出しています。本コンソーシアムはこうした動きに応えていくために設立されました。

 

2.コンソーシアムの概要

(名称) 九州DX推進コンソーシアム

(設立日) 2021年11月30日

(構成団体)
・一般社団法人九州経済連合会
・国立大学法人九州大学(共同代表)
・福岡県
・デロイト トーマツ グループ
※今後、九州内企業、地方自治体、大学等に参画を呼び掛け

(活動内容)
(1) 地域におけるデジタル人材の育成
(2) 企業へのDX導入支援や地域課題の解決に向けたDX推進
(3) その他コンソーシアムの目的を達成するために必要な活動

【 コンソーシアムのコンセプト 】

【 事業推進体制 】

<九州経済連合会の取組について>

九州経済連合会は今年4月に創立60周年を迎え、この大きな節目の年に、2030年の九州のありたい姿を描き、その実現へのアクションプランを示す「九州将来ビジョン2030(以下、当会ビジョン)」を取りまとめ、その実現に向けて活動を行っています。本コンソーシアムの取組は、当会ビジョンの活動に掲げている課題の具体的解決を実現していくことに繋がると考えており、当会ビジョンの達成に向け、本コンソーシアムを推進してまいります。

 

<九州DX推進コンソーシアムに関するお問い合わせ先>

一般社団法人 九州経済連合会

担当:伊藤、鶴羽 電話:092-761-4261  メール:kyushu_adxo@kyukeiren.or.jp

 

<各者ホームページのリンク>

国立大学法人 九州大学
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/notices/view/2079

福岡県
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/site/chiji-top/dxconsortiumpress1130.html

デロイト トーマツ グループ
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20211130.html

一覧