一般社団法人九州経済連合会

文字サイズ
標準
拡大
LANGUAGE
日本語
英語

入会案内

トップページの中の九経連の活動の中の委員会活動の中の産業振興・デジタル推進委員会の中の活動実績の中の活動実績 詳細

委員会活動

  • 概要・お知らせ
  • 開催案内・活動報告

産業振興・デジタル推進委員会 - 活動実績

【8月24日開催】第1回サイバーセキュリティセミナー
2021年8月31日

【日 時】 2021年 8月24日(火)13:30~16:30
【場 所】 Web開催 【参加者】 145名
【主 催】 (一社)九州経済連合会、経済産業省九州経済産業局
【テーマ】 アフターコロナを見据えたニューノーマル時代のサイバーセキュリティ対策

【内 容】    

 〇講演1「コロナ禍における最新のサイバーセキュリティ事案解説と具体的な対策」 
  三井物産セキュアディレクション㈱ コンサルティングサービス事業本部 本部長  
  関原 優 氏    

 〇講演2「クラウドサービスのサイバーセキュリティ対策」      
  ㈱ラック サイバーセキュリティサービス統括部 デジタルペンテストサービス部 部長  
  仲上 竜太 氏  

 〇施策紹介「地域におけるサイバーセキュリティ・コミュニティの形成に向けて」   
  九州経済産業局 地域経済部 情報政策課 デジタル経済室

 

 

 IoTの進展などICTの利活用が企業にとって益々不可欠なものとなっている今日、企業においてサイバーセキュリティの強化は重要課題であり、経営者の判断が求められています。こうした中、九州経済連合会 産業振興・デジタル推進委員会では、経営者層や情報システム担当者などを対象にサイバーセキュリティへの理解浸透、意識向上を目指し、セミナー等を通じた情報発信を行っております。
 今回は、「アフターコロナを見据えたニューノーマル時代のサイバーセキュリティ対策」をテーマに、セミナーを開催致しました。新型コロナウィルスの感染拡大への対応に伴い、新たな働き方が進展している反面、セキュリティ事案も多数発生しております。また「ローコード開発ツール」に代表されるクラウドサービスの活用により、プログラミング不要で誰もが簡単にインターネット上のアプリを開発できる時代となっており、より一層セキュリティに配慮することが求められています。今回は、このような新たな働き方等がもたらすサイバーセキュリティリスクの解説と企業が留意すべき事項について、最新の事例を交えながら、ご講演をいただきました。

一覧