委員会活動

  • 委員会紹介
  • 活動実績

観光委員会 - 委員会紹介

「2023年・観光を九州の基幹産業にする」を目標に掲げて、観光消費額増へ向けた
観光インフラの整備と枠組みの変革、観光財のキラーコンテンツ化、観光振興による
地域経済への貢献、次世代を担う高度人材の発掘・育成に向けた対策を検討し、
九経連ならではの観光事業を実施します。

委員長 石原 進 九州旅客鉄道(株) 相談役
副委員長 桂原 耕一 (株)JTB国内仕入商品事業部 九州仕入商品企画部長
企画部会長 桂原 耕一 (株)JTB国内仕入商品事業部 九州仕入商品企画部長

【2019年度活動内容】
①第二期九州観光戦略・第三次アクションプラン(2020-23年度)の策定
②欧米豪インバウンド拡大の為の、Japan Expo出展、RWCナイトメニューの拡充実行。
③観光による地域活性化事業のプロデュース(観光財のキラーコンテンツ化)
④九州各地の観光事業者との連携による地域観光力の強化
⑤航空路線確保に向けた九州国際航空路線の俯瞰戦略の実行
⑥観光人材育成に向けた産学連携推進(大学への観光カリキュラムの導入拡大)
⑦九州発海外修学旅行の活発化や啓蒙イベント実施によるアウトバウンド拡大
⑧観光振興の要望活動

九州MICE検討WGの取り組み

MICEとは

MICE(マイス)とは多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントの総称であり、企業等の会議(Meeting)  ・企業等の行う研修・報奨旅行(Incentive travel, tour)、国際機関・団体等が行う国際会議(Convention) 、見本市・イベント(Exhibition・Event)の頭文字をとってMICE(マイス)と呼ばれています。

九経連観光委員会においては、国内外から多くの方が集まる国際会議を始めとしたMICE(マイス)の九州への誘致は重要なものと位置づけ、その内容は全産業に通じ、あらゆる分野の産業振興に寄与するものであると考えWGとして取り組んでまいりました。その取り組みの一環として本会会員企業様を対象としてインセンティブツアーに活用可能な企業様を本会ホームページにて紹介させていただきます。

MIへの取り組み

MIにおいては企業等の行う研修・報奨旅行(Incentive travel, tour)に着目し、H26年末より会員企業様にアンケートならびにヒアリングを行い、国内外の企業の研修・報奨旅行に活用可能な施設について調査を行いました。そのうち、受入可能な企業施設を紹介いたします。

インセンティブツアー用会員企業見学可能施設紹介ページへ!

CEへの取り組み

CEにおいては、国際機関・団体等が行う国際会議(Convention)に着目し、関係機関(各都市コンベンション協会等)と協力し九州へ誘致するべく活動しております。
 また、見本市・イベント等に関しては九経連主催・共催にて開催されているものも多くあり、都度本会HP「お知らせ」にてご案内しておりますのでご覧ください。

MICE人材育成への取り組み

九州の産業の未来を担う観光人材、MICE人材の育成においては、大学・PCO(Professional Congress Organizer:コンベンション等を専門的かつ総合的に組織・企画・ 運営する専門業者)と協力してMICEのプロを育成するべく人材育成プログラムの構築を進めております。

ページの先頭へ