一般社団法人九州経済連合会

文字サイズ
標準
拡大
LANGUAGE
日本語
英語

入会案内

トップページの中の九経連の活動の中の委員会活動の中の産業振興・デジタル推進委員会の中の活動実績の中の活動実績 詳細

委員会活動

  • 概要・お知らせ
  • 開催案内・活動報告

産業振興・デジタル推進委員会 - 活動実績

平成29年度 第1回経営者層向けサイバーセキュリティセミナー ~企業経営を揺るがすサイバー攻撃の脅威~
2017年11月29日

[日 時]平成29年11月29日(木)14:00~17:00 [場 所]電気ビル共創館6階カンファレンスA [出席者]90名  近年、IoTの導入や第4次産業革命の動きが進展し、企業の生産性や生活の利便性などが急速に向上している。一方で、ビジネスの継続性を脅かすサイバー攻撃については、より一層、巧妙かつ高度化し、その脅威は著しく大きくなっている。これに伴い、セキュリティ対策の重要性も大きくなっているが、対策には一定程度の投資が必要なため、経営者層のリーダーシップが求められている状況である。  こうした中、情報通信委員会では、平成29年7月に、経営者層へのサイバーセキュリティの理解・浸透を目的とした「サイバーセキュリティ推進WG」を設置し、アクションプランの策定・実施を進めている。  今回、このアクションプランの一環として、経営者層向けのサイバーセキュリティセミナーを開催した。
冒頭、本会社会基盤部長の廣瀬が挨拶し、サイバーセキュリティ推進WG設置の背景について説明するとともに、「中小企業でのセキュリティ対策が進んでいない。セキュリティ対策を進めていくためには、経営者の方々が『セキュリティ対策は経費ではなく、大事な投資である』ということを認識することが重要。本日のセミナーが、企業のセキュリティ対策の一助となることを願う。」と語った。  続いて、基調講演では、「サイバーセキュリティの最新動向と脅威について」と題して、長崎県立大学 教授の加藤雅彦氏に講演いただき、一般講演では、「新5分でできる情報セキュリティ自社診断の解説」と題して、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の平原隆氏にご講演いただいた。  これら講演の詳細については、本会月報の2018年2月号に掲載を予定しているので、そちらをご覧いただきたい。
 最後に、「アンケートで判ったサイバーセキュリティの課題と対策について」と題して、モデレータに加藤雅彦氏、パネラーにWGメンバー7名を迎え、パネルディスカッションを実施した。パネルディスカッションでは、平成29年6月に実施したサイバーセキュリティに関するアンケートの結果を説明するとともに、そこから抽出された課題(※)をテーマにディスカッションが展開された。  ※ディスカッションテーマ:   ①セキュリティ対策の範囲(どこまで対策するか)   ②リソース(人・費用)の不足(補助金のご紹介、人材育成など)   ③セキュリティ対策の相談先について  いずれのセッションも、参加者の9割を超える方々から「非常に参考になった」「参考になった」との声をいただいている。事務局としては、今回のセミナーを参考にしていただくとともに、ぜひセキュリティ対策を進めていただくことを願う。  なお、セミナー終了後には交流会を開催し、パネラーで登壇いただいたWGメンバーとの名刺交換などがおこなわれ、盛会となった。 ※写真 (上)基調講演をおこなう加藤雅彦氏、(中)一般公演をおこなう平原隆氏、(下)パネラーの皆さん 〔社会基盤部 尾形〕
一覧