トップページの中の九経連の活動の中の委員会活動の中の少子高齢化・雇用委員会

委員会活動

  • 委員会紹介
  • 活動実績

少子高齢化・雇用委員会 - 委員会紹介

今後の人口減少・少子高齢化への対応について検討するため、新規に設置した委員会です。九州の人口減少は全国より急速に進むことが見込まれ、生産年齢人口の減少や消費の縮小等、経済や地域社会への深刻な影響が懸念されます。少子高齢化社会における九州の持続的な発展と自立を図る観点から、政策提言を行います。

委員長 :二橋 岩雄 ・トヨタ自動車九州㈱ 会長
副委員長 :池内 比呂子 ・㈱テノ.ホールディングス 社長
副委員長 :加藤 聖子 ・九州大学大学院 医学研究院
               生殖病態生理学 教授
企画部会長:本郷 譲 ・JR九州リテール㈱ 社長

【2017年度事業計画】

 人口減少・少子高齢化社会における労働力不足を解決するため、女性、外国人、高齢者の活躍促進、若年者の雇用の充実、多様な働き方の推進と人材育成・教育等による働き方改革の推進に向けた企業対応を促進する。

【調査及び提言】
①2016年度にとりまとめた最終報告書「労働人口減少下における九州経済の
 活力維持に向けて」の公表・周知と各社における取り組み促進の支援
②外国人介護人材の活用の推進
③九州への外国人患者の受け入れ環境整備
④グローバル人材の育成と活用

ページの先頭へ