トップページの中の九経連の活動の中の委員会活動の中の少子高齢化・雇用委員会

委員会活動

  • 委員会紹介
  • 活動実績

少子高齢化・雇用委員会 - 委員会紹介

今後の人口減少・少子高齢化への対応について検討するため、新規に設置した委員会です。九州の人口減少は全国より急速に進むことが見込まれ、生産年齢人口の減少や消費の縮小等、経済や地域社会への深刻な影響が懸念されます。少子高齢化社会における九州の持続的な発展と自立を図る観点から、政策提言を行います。

委員長:二橋 岩雄・トヨタ自動車九州㈱ 会長

【2016年度事業計画】

 人口減少・少子高齢化社会における労働力不足を解決するため、外国人や高齢者の活躍推進、若年者の雇用の充実、多様な働き方の推進と人材育成・教育等について対策を取りまとめ、企業対応を促進する。

【調査及び提言】
①多様な働き方の推進と人材育成・教育
・これまで外国人、高齢者、若年者の各テーマを検討する過程で浮かび上がった多様な働き方の推進に関する課題や人材育成・教育等について調査・検討する。
・外国人や高齢者の活躍推進、若年者の雇用の充実などこれまでに検討した各テーマを包含した最終とりまとめを行い、報告会を開催し労働力不足への企業対応を促進する。

ページの先頭へ