提言・要望

九州まるごと“インバウンド立圏”宣言
平成30年10月30日

10月25日に大分市内で開催された第34回九州地域戦略会議において、大規模国際スポーツイベントを契機に、今後も拡大が見込まれるインバウンド需要の取込みに向け、九州の観光資源の強みやポテンシャルに磨きをかけ売り込むと共に、受入環境の充実などに九州官民一体となって取り組むためていくために、標記の宣言が採択されましたのでお知らせします。
なお、宣言内容につきましては、下記の添付ファイルをご参照ください。

【ご参考】九州地域戦略会議について
・官民一体となって九州の発展戦略を協議し、実行する機関として九州地方知事会と九州経済連合会、九州商工会議所連合会、九州経済同友会、九州経営者協会の地元経済4団体とで2003年に発足
・会議は年2回開催され、九州一体となった観光戦略の実施や、九州独自の発展戦略の
推進に一致協力して取り組み中
・共同議長は、広瀬勝貞(九州地方知事会会長・大分県知事)と
麻生泰(九州経済連合会会長)

一覧
ページの先頭へ