トップページの中のお知らせの中のお知らせ 詳細

お知らせ

「第18回環黄海経済・技術交流会議」開催のご案内
2019年8月2日

来る11月19日~11月22日、中国・山東省済寧市において、
中国政府、韓国政府と連携・協力して、九・中・韓の環黄海地域における
官民フォーラムである「環黄海経済・技術交流会議」(環黄海会議)を開催します。
今回の済寧会合では、環黄海会議に加え、産業視察等を予定しています。
また、済寧市への行程が上海市経由となるため、上海での視察や在上海関係機関との
交流も予定しており、環黄海地域におけるビジネスチャンス拡大や人的交流を図るための
絶好の機会ですので、広く参加者を募集いたします。
つきましては、ご多用中のところ誠に恐縮ですが、経済交流訪問団への参加を
ご検討いただきますようご案内申し上げます。

【開催内容】
上海視察・関係機関交流  【11月19日午後】
済寧視察           【11月20日午後】
第18回環黄海経済・技術交流会議 プログラム
•環黄海三国局長会議   【11月21日午前】
•環黄海ビジネスフォーラム  【11月21日午前】
•日中韓国際協力産業団地・産業協力フォーラム  【11月21日午前】
•本会議            【11月21日午後】
•歓迎レセプション       【11月21日午後】
  
【「環黄海経済・技術交流会議」とは 】
東アジア・環黄海地域の経済圏域の発展と交流の深化を目指す交流プラットホーム
として、2001年3月にスタート。
これまでに九州・韓国・中国の順に持ち回りで17回開催。三国政府
(日本:九州経済産業局、韓国:産業通商資源部、中国:商務部)によるコミットのもと、
年一度、三国の産学官関係者が一堂に集い産・学・官のそれぞれの交流を
深化させることを目的として開催しています。
第10回日中韓経済貿易大臣会合(2015年10月30日、韓国・ソウル)においては、
「環黄海経済・技術交流会議」がこれまで成功裡に運営されてきたことについて
確認され、さらに、3年半ぶりに開催された第6回日中韓サミットにおける
共同宣言(2015年11月1日、韓国・ソウル)の付属書においても、三国首脳間で
同様の認識が明記されました。
(第1回:福岡市、第2回:韓国全州市、第3回:中国威海市、第4回:宮崎市、
第5回:韓国大田広域市、第6回:中国日照市、第7回:熊本市、第8回:韓国仁川広域市、
第9回:中国煙台市、第10回:北九州市、第11回:韓国太田広域市、第12回:中国連雲港市、
第13回:佐世保市、第14回:釜山広域市、第15回:中国塩城市、第16回:鹿児島市、第17回:韓国群山市)

※詳細および参加申込につきましては、添付の資料でお願いいたします。

  • 関連URL
一覧
ページの先頭へ