トップページの中の 月報「あすの九州・山口」の中の地域動向情報2017年度(大分)

地域動向情報

今年もアルゲリッチがおんせん県にやってくる!
2017年05月号

 5月6日から5月26日の間、鍵盤の女王と称される、世界最高峰のピアニスト、マルタ・アルゲリッチが総監督を務める「第19回別府アルゲリッチ音楽祭」を、ビーコンプラザ(別府市)、iichiko総合文化センター(大分市)、しいきアルゲリッチハウス(別府市)で開催する。
 今回の音楽祭のテーマは、「小さな子どもだったあなたへ~私たちの星で音楽を奏でる理由(わけ)」。このテーマは「星の王子さま」の中で語られるメッセージにちなんだものである。
 メインコンサートでは、世界的指揮者の小澤征爾さんを迎え、アルゲリッチ総監督との夢の共演が実現する。
 また、PR動画『OITA PEACE SYMPHONY』をYouTubeで公開し、公開4週間で動画再生数100万回を突破するなど、世界から注目されている。
みどころ満載の「第19回別府アルゲリッチ音楽祭」は、平成30年に大分で開催される「国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭」の500日前イベントと位置づけている。大分から世界に発信する芸術イベントのアイコンとして、国民文化祭の盛り上げにも寄与したい。

詳細や動画はHPをご覧ください。

《問い合わせ先》
大分県芸術文化スポーツ振興課 
TEL:097-506-2053

大分県立埋蔵文化財センター開館~大友宗麟の実像に迫る企画展開催~
2017年06月号

 4月22日、大分県立埋蔵文化財センターが大分市に開館した。
 常設展示は、本県で出土した貴重な遺物を旧石器時代から江戸時代まで時代別に紹介する「豊の国考古館」と、大友氏遺跡の出土品を中心にその栄華を紹介する「BVNGO大友資料館」で行われる。
 この「V」を用いた「BVNGO」の標記は約420年前のヨーロッパで作られた最初の日本地図として有名なテイセラの日本図に由来する。当時のヨーロッパにおいて、豊後や大友宗麟の名が広く知れ渡っていたことを示している。
 6月25日までは、開館記念企画展「大友氏の栄華~宗麟を巡る7つの鍵~」を開催。「大友館」「都市」「南蛮」「仏教」「キリスト教」「戦争」「器」の7つのキーワードにより、出土品や美術品・歴史資料等から戦国大名大友氏の最盛期を築いた宗麟の実像に迫る。
 また、土器や勾玉づくりなどを体験し、古代人の知恵を学ぶ「歴史体験学習館」も併せてオープンした。
 郷土の歴史を学ぶ場として、また、考古学への興味や関心を深めてもらうための情報発信拠点として、本県の文化や観光の振興に貢献する魅力的な施設となっている。

《問い合わせ先》
大分県立埋蔵文化財センター 
TEL:097-552-0077

ユネスコ無形文化遺産 日田祇園祭開催
2017年07月号

 疫病や風水害を払い、安泰を祈念する祭りとして、300年以上もの間受け継がれ、人々に地域への想いを奮起させてきた「日田祇園祭」。
 日田の夏の風物詩であり、昨年は、ユネスコ無形文化遺産に登録された。
 日田における祇園信仰は、およそ500年前に悪疫鎮護の願いを込めて始められたと言われている。
 隈・竹田地区、豆田地区の町並みの中、祇園囃子の音色とともに、高さ約6~10mの豪華絢爛な山鉾を、法被姿の男衆が勇壮に曳き回す。夜には、すべての山鉾に提灯が飾り付けられ、昼間とは違う優雅な晩山の巡行で、祭りは一気に最高潮に達する。
 また、祇園祭の前には、すべての山鉾が一堂に会する「集団顔見世」が行われる。夕暮れ時、すべての山鉾が集まり、夜には煌びやかで壮観な光景が広がる。
 ぜひ、豪華絢爛な日田の夏をご覧いただきたい。

日田祇園祭
〈日時〉7月22日(土)、23日(日)
〈場所〉隈・竹田地区、豆田地区
集団顔見世
〈日時〉7月20日(木)19時~
〈場所〉JR日田駅前

《問い合わせ先》
 日田市観光協会 TEL:0973-22-2036

「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」登録決定
2017年08月号

 6月14日、大分県と宮崎県の県境にまたがる山岳地帯「祖母・傾・大崩山系」とその周辺地域が、ユネスコエコパークに登録決定された。
 「祖母・傾・大崩山系」は急峻な山岳地形で標高に応じた幅広い植生や特別天然記念物のニホンカモシカなど希少な動物が生息しているのが特徴。神楽などの民族芸能に代表される自然への畏敬の念が地域に継承されており、産業面でも、乾しいたけの生産など自然環境を活かした農林業が盛ん。自然と人間社会が共生する地域である。
 大分県では、このユネスコエコパークの認知度の向上、国内外への情報発信のため、竹田市を拠点に世界的に活躍し、強い情報発信力をもつDRUM TAOを「大分県ユネスコエコパーク オフィシャルアーティスト」に迎えた。
 9月9日(土)には、佐伯市において「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク登録記念イベント」を開催し、DRUM TAOの記念公演を行う。
 DRUM TAOと祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの魅力を融合させたオリジナルプロモーションビデオの作成も行い、DRUM TAOの活動を通じて、ユネスコエコパークの魅力を発信していく。

《問い合わせ先》
大分県自然保護推進室 TEL:097-506-3025

水郷日田の風物詩
2017年09月号

 日田市は、北部九州のほぼ中央、大分県の西部に位置し、周囲を阿蘇・くじゅう山系や英彦山系の美しい山々に囲まれた地域。古くより山紫水明の里「水郷(すいきょう)」として知られている。
 江戸時代には、幕府直轄地・天領として九州の政治・経済・文化の中心地として繁栄し、豊かな町民文化が花開いた。長い歴史を背景とした町並みや伝統文化が、今もなお受け継がれている。
 そんな天領の面影を残す水郷日田の風物詩といえば、「屋形船」と「鵜飼い」。
200年の伝統を誇る屋形船は、全国でも長良川と並び称され、市内中央を流れる三隈川に40艘以上の屋形船が川面に浮かぶ姿は、古くより日田の風物詩となっている。
 お座敷に仕立てた屋形船が、夏は涼を求めて繰り出し、秋には名月を愛で、冬には障子とコタツを備えた雪見船として、一年中優雅な川遊びを楽しむことができる。
 また、5月から10月下旬までは、日田自慢の鵜飼いも鑑賞できる。かがり火のもと、三隈川に浮かんだ屋形船の間を縫い、綱さばきも見事に鵜を操る鵜匠の技を眺めながら、日田の情緒あふれる屋形船で水上の宴を楽しんでいただきたい。

第37回大分国際車いすマラソン大会開催
2017年10月号

 1981年の国際障害者年を記念して、世界で初めての「車いすだけのマラソンの国際大会」としてスタートした本大会は、今年37回目を迎え、10月29日(日)に開催される。
 今では、世界パラ陸上競技連盟の公認大会として、国内外のトップアスリートが集い、しのぎを削る世界最高峰の大会となった。
 大会は協賛をいただいた企業をはじめ、2,000人を超えるボランティアと協力者により支えられ開催されている。
 前回大会から、マラソンのスタート時間を1時間繰り上げ、より快適なレースコンディションに配慮するとともに、ハーフマラソンの5km関門時間を3分間延長し、より多くの選手がチャレンジしやすい大会となった。加えて、昨年36回大会からテレビの実況生中継も始まり、ここ大分から世界に障がいスポーツの素晴らしさを発信する大会となっている。
 また、昨年はマラソンの部男子において最速クラスとなるT34/53/54で大会史上初めて日本人ワン、ツーフィニッシュを飾っている。レースは速さだけでは勝てない。駆け引き、位置取り、ペース配分、天候や状況の判断、選手達は自ら持つすべての力を出し、レースに挑んでいる。是非、世界トップクラスのアスリート達の戦いに注目して欲しい。

《問い合わせ先》
大分国際車いすマラソン大会事務局
(事務局:障害福祉課内)
TEL:097-533-6006

Enjoy!!モータースポーツinOPAM
2017年11月号

 九州唯一の大規模国際公認レーシングコース「オートポリス」が立地する利点を活かし、11月21日(火)から26日(日)まで、大分県立美術館OPAMでモータースポーツイベントが開催される。
 これは、2018年の国民文化祭・全国障害者芸術・文化祭に向けた機運醸成と芸術文化ゾーンを核とした芸術文化の振興を図るため、産業分野・スポーツ分野との連携イベントとして実施するもの。
 期間中は、国内最高峰のモータースポーツである「SUPER FORMULA」のマシンやレーシングバイク、オートポリスが所有する「F1」が展示され、幼児から小学生までの子どもは体験乗車もできる。他にもモータースポーツドライバーによるトークイベントなども行われる。
美術館とモータースポーツ。一見不釣り合いにも思えるが、優秀なエンジニアやデザイナーが、細部までこだわり抜いて、1mmの妥協も許さず作り上げたレーシングマシンは、OPAMの都会的な雰囲気や周囲の美術品と殊の外溶け込んでいて一見の価値がある。
 是非、会場でモータースポーツの「迫力」と「美」を堪能していただきたい。

【開催期間】11/21(火)~26(日)

《問い合わせ先》
大分県芸術文化スポーツ振興財団
TEL:097-533-4007

おんせん県おおいたPR動画第5弾「プレミアムフロイデー」
2017年12月号

 大分県は、源泉数・湧出量ともに日本一を誇る「おんせん県おおいた」をPRする新作動画「プレミアムフロイデー」を10月16日に公開した。働き方改革が多様な視点で語られる中、「休めるときは、もっと休みを実感しましょうよ」と休み方を提案し、「働き方と同様に休み方も大切」というメッセージを込めた動画となっている。
 大分県内の温泉を舞台に総勢約70名が繰り広げるミュージカル仕立てのエンターテイメントは圧巻。オフィスの風景から突如温泉に場面が転換。オリジナルソング「Premium Furoiday」のリズムにあわせ、桶を使ったダンスや気持ちいいお湯しぶき、舞い上がるシャボン玉など見所満載。ドローンによる映像や花火のフィナーレも気持ちの良い仕上がりになっている。
 「シンフロ」のメンバーであるオリンピックメダリスト・藤井来夏氏と彼女が主宰するプロのシンクロナイズドスイミングチームのメンバーも登場。息の合ったキレのある演技で、動画を盛り上げている。
 おんせん県では、バラエティに富んだ温泉、満載の「味力」、おもてなしの心で、プレミアムな時間を提供。皆様のお越しをお待ちしている。 
 動画は、特設WEBサイトで絶賛公開中。

《問い合わせ先》
大分県広報広聴課 
TEL:097-506-2094

みんなの想い、ときめく未来へ宗麟大橋開通
2018年01月号

 大分市中心部に近い大分川河口部で建設中の「宗麟大橋」が1月14日(日)に開通する。橋長は349.9mと大分川河口部に架かる橋としては最長であり、約半世紀ぶりの道路橋の新設となる。
 新橋梁の名称は公募により決定。戦国時代のキリシタン大名「大友宗麟」の名前に由来しており、橋のたもとに大友氏遺跡があることから「宗麟大橋」と名付けられた。橋名板の文字の揮毫は、県小中学生書道チャンピオン大会で選ばれた12名が行ったほか、「宗麟大橋」をキャンバスに見立てたアートイベントを開催するなど、建設中から多くの県民に親しまれ、開通が待ち望まれていた。
 開通によりJR大分駅周辺などの市中心部と米良ICや大分スポーツ公園とのアクセスが向上し、周辺道路の交通渋滞緩和が期待されるほか、大規模な津波被害が発生した際には、市中心部と防災拠点となる大分スポーツ公園をつなぐ緊急時の輸送道路の役割を果たす。
 大分県では、今年から来年にかけて、国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭、ラグビーワールドカップ2019TMなどのビッグイベントが控えており、交通や輸送体制の強化にも効果を発揮することが期待されている。

《問い合わせ先》
大分県都市・まちづくり推進課
TEL:097-506-4648

姫島村・豊後大野市「日本ジオパーク」再認定
2018年02月号

平成25年9月に日本ジオパークとして認定された姫島村と豊後大野市が、4年に一度の審査を経て昨年12月に再認定が決定した。
「おおいた姫島ジオパーク」は、“火山が生み出した神秘の島”として、随所に見られる火山活動の痕跡や、砂州の地形を利用して発達してきた産業、生態系など、コンパクトな島内に多くの見どころがある。また、神秘さを色濃く残す姫島の歴史や文化、人々の暮らしが織りなす景観も魅力となっている。
一方「おおいた豊後大野ジオパーク」は、国定公園にも指定されている祖母傾山系の美しい景観や、9万年前の阿蘇火山の巨大噴火があったからこそ生まれた滝や棚田群、井路、石橋群、磨崖仏など巨大噴火と人々との関わりが体感でき、この地で培われてきた神楽や獅子舞など独自の文化が魅力である。
今回の再認定は、地元の皆さんが一体となって取り組んできた、豊かな自然や歴史・文化を学び、守り、活かす活動が評価された結果である。
この再認定を新たなステップに、両地域におけるジオパーク活動が一層進展し、地域の発展につながることが期待される。

《問い合わせ先》
大分県自然保護推進室 
TEL:097-506-3025

大分県初!ラグビー日本代表戦開催
2018年03月号

 6月9日(土)、「リポビタンDチャレンジカップ2018 ラグビー日本代表VSイタリア代表戦」が、大分銀行ドーム (大分県大分市)で開催される。大分県内でラグビーの国際テストマッチが行われるのは今回が初めて。
 大分県では、2019年のラグビーワールドカップにおいて、プール戦3試合、準々決勝2試合の開催が決定している。国内のみならず、世界各国から訪れる多くの観戦客を受け入れる準備が着々と進められており、今回の代表戦でも本番さながらに交通輸送やボランティアの活用等を行うこととしている。
 今回の代表戦の見所は、何と言っても世界ランキング11位の日本代表と、14位のイタリア代表の一歩も引かない白熱した戦い。イタリア代表は現時点で日本代表より下位に位置するものの、欧州6強(シックスネーションズ)の一角を占める、まさに強豪チーム。イタリア代表との対戦成績は1勝5敗となっており、次期ワールドカップでベスト8を目指す日本代表にとって、絶対に負けられない試合といえる。
 ラグビー熱がますます盛り上がる大分で、一足先に世界レベルの戦いを体感しよう!

《問い合わせ先》
大分県ラグビーワールドカップ推進室 
TEL:097-506-2079

ページの先頭へ