トップページの中の 月報「あすの九州・山口」の中の地域動向情報平成30年度(鹿児島)

地域動向情報

かごしま産業遺産の道ホームページを公開
2018年05月号

鹿児島県では、NHK大河ドラマ「西郷どん」にも登場した第11代薩摩藩主島津斉彬の興した殖産興業策「集成館事業」に関連する県内95か所の産業遺産を紹介するホームページ「かごしま産業遺産の道」を、同県の観光サイトで新たに公開した。
平成27年、幕末から明治期までの日本の産業化を示す8県11市の23の資産が「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録された。   
鹿児島からは、「集成館事業」に関する「旧集成館」「寺山炭窯跡」「関吉の疎水溝」の3つが構成資産になっているが、実はこのほかにも「集成館事業」にまつわる多数の遺産が県内各地に残っている。
ホームページでは、これらの遺産を「きっかけは薩英戦争。近代化への道」などの19のストーリーで、古写真や絵図を用いて分かりやすく説明しているほか、
建築年代や地表遺構の有無などの詳細情報、「砲台跡をドライブでGO!」といった周遊モデルコース、さらには遺跡近くの観光スポットや温泉なども紹介している。
ぜひこのホームページを活用して明治維新150周年に沸く鹿児島の産業遺産を周遊してみては。


問い合わせ先:鹿児島県PR・観光戦略部世界文化遺産課(℡099-286-2365 )

奄美群島PR動画「Sound of AMAMI」公開!
2018年06月号

鹿児島県の奄美大島及び徳之島は,沖縄県の沖縄島北部及び西表島とともに,世界自然遺産の推薦地となっている。
鹿児島県では,世界自然遺産登録を目指す奄美の認知度向上,観光客の誘致等を目的として,PR動画「Sound of AMAMI」を制作し,今年3月から公開している。
この動画は,世界自然遺産に推薦されている奄美大島,徳之島をはじめ,喜界島,沖永良部島及び与論島と,奄美群島を構成する島々で撮影しており,それぞれの個性豊かで美しい自然景観はもちろん,アマミノクロウサギに代表される,独自の進化を遂げ現在まで生き残った希少な生き物たちを映し出している。
動画のナレーションとBGMの島唄には,奄美大島出身で“地上で,もっとも優しい歌声”と称されるアーティスト・中孝介(あたり こうすけ)さんを起用。ロケ時には風の音や鳥の鳴き声など360度全方位の音声素材を録音するなど,動画タイトル「Sound of AMAMI」の名のとおり奄美群島の「生音」にこだわって制作している。
10分,3分,30秒の3種類を制作し,英語及び中国語にも対応している。県の公式ホームページや動画投稿サイトYouTubeにて公開しているので,ご覧いただくとともに,広くご活用いただきたい。



問い合わせ先:
鹿児島県自然保護課奄美世界自然遺産登録推進室(℡099-286-2759)


2018年07月号


2018年08月号

ページの先頭へ