一般社団法人九州経済連合会

文字サイズ
標準
拡大
LANGUAGE
日本語
英語
中国語
韓国語

入会案内

トップページの中の九経連の活動の中の委員会活動の中のその他の活動の中の活動実績の中の活動実績 詳細

委員会活動

  • 概要・お知らせ
  • 開催案内・活動報告

その他の活動 - 活動実績

再生可能エネルギーの産業化を目指すアクションプラン~再生可能エネルギー産業の拠点化を目指して~
2021年6月7日

九州地域戦略会議のもとに設置されている「再生可能エネルギー産業化推進委員会」は2015年に「地熱・温泉熱」「海洋」「水素」の各エネルギーに関するアクションプランを策定したが、5年間の取り組み検証とエネルギー情勢変化に基づき、今回アクションプランを見直した。

 

1.アクションプランの概要

(1)分野の絞り込み

九州での産業化が有望な分野として、ポテンシャルが高く、将来の市場性、雇用効果などから、3分野を選定している。

  • 〇地熱・温泉熱エネルギー
  • 〇海洋エネルギー
  • 〇水素エネルギー

 

(2)主な取り組み

これまでのアクションプランの取り組み(産学官連携)を以下に示す。

  • 〇ネットワークの形成(クラスター等)
  • 〇展示会への出展、セミナー開催等
  • 〇産学官連携による人材育成
  • 〇メンテナンス、技術力向上
  • 〇規制緩和、国の予算・補助金確保等

 

(3)体制(産官学一体の取り組み)

九州地域戦略会議のもと、再生可能エネルギー産業化推進委員会、委員会傘下に3分野の実務者会議を設置している。
(各会議体は、年2回開催)

画像:体制図

2.アクションプラン改定の主な内容

(1)地熱・温泉熱エネルギー

高い地熱利用ポテンシャルを持つ九州の特性を活かし、農業や観光といった他産業との連携を強化していく。

  • ・バイナリー発電メンテナンス体制の確立
  • ・地中熱利用適地マップの作成

 

(2)海洋エネルギー

潮流、浮体式洋上風力、海流の実証事業を推進、地場企業の参入機会を確保し、新規参入を促進していく。

  • ・海洋エネルギー人材育成機関の活用
  • ・離島を含めた送電インフラ、港湾施設、蓄エネ等の整備

 

(3)水素エネルギー

不安定な再生可能エネルギーの地産地消のための安定化を目指し、再エネの出力制御やFIT期間終了への対応を踏まえ、プロジェクト組成を図る。

  • ・再エネ等の地域資源を活用した水素製造
  • ・人材育成、研究開発、マッチング支援等

 

3.KPIについて

アクションプラン改定に伴い、KPI(2030年目標)を分野毎に設定している。

画像:KRI実績及び2030年KPI

(ダウンロード:アクションプラン)

 

(ダウンロード:リーフレット)

一覧