一般社団法人九州経済連合会

文字サイズ
標準
拡大
LANGUAGE
日本語
英語

入会案内

トップページの中の九経連の活動の中の委員会活動の中のダイバーシティ「幸せコミュニティ」推進委員会の中の活動実績の中の活動実績 詳細

委員会活動

  • 概要・お知らせ
  • 開催案内・活動報告

ダイバーシティ「幸せコミュニティ」推進委員会 - 活動実績

女性活躍のための保育環境の活用 ~企業主導型保育事業を考える~
2021年1月28日

【日 時】 2021年 1月28日(木) 14時 ~ 16時30分 九経連・大会議室

【プログラム】

 コーディネーター 池内 比呂子氏(㈱テノ・ホールディングス 代表取締役)

 ①「企業主導型保育事業の現状と活用について」 

   内閣府 子ども子育て本部 企業主導型保育事業等担当室 企画官  魚井 宏泰 氏

 ②「福岡市の保育の現状と取組み」  

   福岡市 こども未来局 子育て支援部 事業企画課長  徳久 秀樹 氏

 ③「企業主導型保育園で広がるまま人財の選択肢」

   ㈱福住 経営企画部 課長代理  伊藤  葵 氏 

 ④「子育て中の社員が求める保育ニーズ」

   西日本新聞 政経部経済グループ記者  仲山 美葵 氏

 ⑤ 質疑応答

 

【概 要】  

少子高齢化・雇用委員会では、「女性活躍のための保育環境の活用~企業主導型保育事業を考える~」のテーマで、参加者全員オンラインのみのウェビナーを開催した。

ウェビナーには、コーディネーターに本委員会副委員長である池内比呂子氏を迎え、第1部「企業主導型保育事業の現状と活用について」内閣府・企画官 魚井宏泰氏・第2部「福岡市の保育の現状と取組み」について福岡市課長 徳久秀樹氏・第3部「企業主導型保育園で広がるママ人財の選択肢」について㈱福住課長 伊藤葵氏、第4部「子育て中の社員が求める保育ニーズ」について西日本新聞記者 仲山美葵氏に登壇いただいた。  

国・自治体・事業者・保護者側それぞれの視点から、企業主導型保育事業・保育支援についての制度や取組み事例、又保育環境やニーズについて講演いただき、アンケートでは90%が「とてもよい」「割とよい」と好評を得た。

 

※当日の資料およびご案内チラシにつきましては、下記添付データをご参照ください。

  • 関連URL
一覧