トップページ の中の 歴史・文化施設における多言語表示のアンケート(更新)

アンケート

歴史・文化施設における多言語表示のアンケート(更新)

〇調査対象施設(下記のいずれにも該当する施設が対象)
・外国人旅行者が毎年一定数(※1)訪れる歴史・文化施設(※2)
・施設内において、当該施設や展示物に関する歴史的背景等の解説が記載された表示を有してること
(※1)少なくとも年に100人または週に1~2組
(※2)歴史・文化施設のうち、市民会館や市民センター、生涯学習センター、公民館などは除く

  • 回答時間の目安15分
  • 実施期間2018年01月04日~2018年02月28日
申込フォーム 入力

専用のパスワードをご入力ください。

パスワード必須

以下、アンケートにご入力いただき、「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。

1.歴史・文化施設について必須

(1)施設名称

 必須

(2)所在地(住所)

 必須

(3)年間総入込客数
[国内旅行客も含む]

  • 年間5000人以下
  • 年間5000人~10000人
  • 年間10000人以上
 必須

(4)(3)設問のうち、外国人旅行客数(年間人数)

  • 年間200人以下/週4組程度
  • 年間200~500人以下/週10組程度
  • 年間500人以上/週に10組以上
2.観光案内表示について必須

(1)案内表示の概要
[設置箇所、案内内容など]

 必須

(2)案内表示の多言語案内について
「なし」の場合(6)へ進んでください

  • あり
  • なし(日本語のみ又は未設置)
 

(3)多言語案内の内容

(複数回答可)

  • 多言語による表記
  • 音声ガイド(機器の貸出等)
  • アプリ・QRコード等を使用
  • ボランティアガイド等による案内
  • その他

その他を選択された方は、以下に具体的な内容をご記入ください。

 

(4)多言語案内による対応言語

(複数回答可)

  • 英語
  • 韓国語
  • 簡体字
  • 繁体字
  • タイ語
  • その他

その他を選択された方は、以下に具体的な内容をご記入ください。

 

(5)多言語案内の導入時期

  • 平成25年以前に導入
  • 平成26年~28年に導入
  • 平成29年に導入
  • 平成30年に入り導入
 必須

(6)今後の多言語案内導入予定

  • あり
  • なし
  • 未定
 

(7)(6)で「あり」の場合の導入予定時期

  • 平成30年内に導入予定
  • 2~3年内に導入予定
  • その他

その他を選択された方は、以下に具体的な内容をご記入ください。

 

(7)の2 (6)で「あり」の場合の導入予定内容

  • 多言語による表記
  • 音声ガイド(機器の貸出等)
  • アプリ、QRコード等を使用
  • ボランティアガイド等による案内
  • その他

その他を選択された方は、以下に具体的な内容をご記入ください。

 

(8)国・地域別の旅行客の興味や関心に即した案内など、その他外国人旅行客向けの取り組みの有無
「例:欧州の観光客向けに「歴史とともに時代背景」を表現した など」

  • あり
  • なし
  • 検討中
 

(9)(8)が「あり」の場合の取り組み内容
[例:アプリを使い多言語の動画で歴史背景を説明している など]

 必須

(10)施設の設置主体
[団体名など]

 必須

(11)施設の管理主体
[団体名など]

3.緊急時・災害時の対応について必須

(1)緊急時のアナウンスの多言語化

  • あり
  • なし(日本語のみ)
  • その他

その他を選択された方は、以下に具体的な内容をご記入ください。

 

(2)(1)で「あり」の場合、対応言語

(複数回答可)

  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語
  • タイ語
  • その他

その他を選択された方は、以下に具体的な内容をご記入ください。

  • 戻る
  • 確認画面へ
ページの先頭へ