トップページの中の九経連の活動の中の委員会活動の中の資源エネルギー・環境委員会

委員会活動

  • 委員会紹介
  • 活動実績

資源エネルギー・環境委員会 - 委員会紹介

 地球温暖化などの環境問題が人類共通の課題となる中、経済の持続的成長と環境保全の両立を図っていくためには、地球環境問題への対応や循環型社会の形成などを実現していく必要があります。このため、低炭素社会の実現、環境関連産業の振興、資源循環促進、エネルギー問題への取り組みを推進します。また、水資源対策諸事業の促進など地球環境の保全を図ります。
委員長: 貫 正義・九州電力(株) 会長

【2016年度事業計画】

 低炭素社会および循環型社会の実現のため、九州の地域ポテンシャルの高さや環境関連産業および研究機関が集積している強みを活かし、再生可能エネルギーの産業化や環境関連産業の振興等に取り組むとともに、エネルギー問題・環境政策等について要望活動を行う。

【具現化】
①再生可能エネルギーの産業化を目指すアクションプラン(2015年6月)のフォロー
  ・会員企業間の情報共有を図る。
  ・「再エネ世界展示会(横浜)」に出展し、九州の魅力をPRする。
    (九州のポテンシャルや関連企業を紹介するパンフレットを作成する)

②地中熱利用拡大による省エネ対策の推進
  ・地中熱の利用拡大による省エネ対策の推進を図るため、九州の関係企業等で構成する研究会を立ち上げ、課題や対応策、九州地域にあった地中熱活用(九州モデル)を検討する。

③産業用・系統用蓄電池電力貯蔵装置の実態把握とビジネスへの活用
  ・現在、市場で導入されている産業用・系統用蓄電池電力貯蔵装置の情報を整理し、課題対応策や活用事例集を作成することで九州でのビジネス活用を支援する。

【要望】
①エネルギーの安定供給と経済性及び環境適合性の確保
  ・安全性確保を前提とした原子力発電所の早期再稼働や安定供給と経済性及び環境適合性に重点を置いた中長期的なエネルギー・環境政策を国・自治体に要望する。

②再生可能エネルギーの産業拠点化
  ・「再生可能エネルギーの産業拠点化」に向け、必要となる規制緩和・財政支援策を国・自治体に要望する。

【講演会等】
①環境関連産業の振興
  ・「環境ビジネス交流会」や「環境イノベーションフォーラム」を九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)等と共催する。
  ・新エネルギーの先進的取り組み事例の見学会等を実施する。
  ・自治体と連携し「グリーンアジア国際戦略総合特区」に関する講演会を実施するなど情報提供を行い、企業進出等を支援する。

ページの先頭へ